クリックトゥルーはGoogleとの新たな戦略的協定を締結してアジア太平洋地域におけるGoogleアナリティクスプレミアム認定リセラーになった

シンガポール、2013年11月15 ― 検索戦略および変換戦略を専門とするオンラインコンサルティンググループであり、Googleアナリティクス認定パートナー (GACP) であるクリックトゥルーは本日、アジア太平洋地域におけるGoogleアナリティクスプレミアム認定リセラーになるというGoogleとの新たな戦略的関係を発表した。

 

Googleアナリティクスプレミアムは、Googleアナリティクスの標準バージョンに期待できる機能と容易さにプラスして、大企業にとって完璧なものにするためのエキストラをつけ加えている。それらには、月間ヒット数をより多く測定するためのデータ制限の増加、ピンポイントでの正確さの非サンプリングレポート、保証のためのサービスレベル協定および信頼性保証、ならびに、クライアントにデータの所有権を100%割り当てる法的枠組みが含まれている。

 

プレミアム認定リセラーは、プレミアムクライアントがGoogleによるものと同じレベルのサービスを期待できることを保証するための、厳格な要件を満たしているGoogleアナリティクス認定パートナーである。Googleアナリティクスプレミアムは現在、アメリカ、カナダ、イギリス、スペイン、フランス、ドイツ、日本、およびラテンアメリカでのみ利用可能であった。何百という世界の主要広告主が使用してきたが、今や、クリックトゥルーグループを介してここシンガポール、マレーシア、およびアジア太平洋地域でも利用できることとなった。

 

クリックトゥルーはGoogleアナリティクスプレミアム認定リセラーとして、アジア太平洋地域でGoogleに代わり、クライアントがGoogleアナリティクスを最大限活用するための種々のサービスを提供する。これには、ウェブ測定プラニング、高度な機能の導入、メディア分析およびコンサルティング、ウェブサイトの最適化その他が含まれている。

 

「当社はGoogleアナリティクスプレミアム認定リセラーになれたことを喜んでいます」クリックトゥルーの創業者兼最高経営責任者 (CEO) であるジャッキー・リーは語る。「当社は常にデータに取りつかれ、クライアントのために収益を見つけだしてきました。クリックトゥルーは過去の100万分の100最適化クリックを最近縮小し、Google Website Optimizerへの特化を促進したので、今回の新たな関係によって、Googleアナリティクスプレミアムが提供しなければならない、より大きく、より速く、より高度な機能を活用するアジアの企業規模の組織を、さらに支援することが可能になりました」

 

2013を超えて、重慶 (記者会見記事)

孫建平:重慶は私に未来が世界の窓口と繋がっている事を教えてくれました

 


 


 


 


 


 


 

 

 

 

 

 

2013年11月11日、重慶 - 今回、私は初めて重慶の地に足を踏み入れましたが、既に未来におけるこちらでの投資を検討し始めています。その理由は単純なものです。重慶は若く、活気にあふれ、そこかしこにチャンスが転がっているからです。私はかつてシンガポールのとある銀行で働き、非常に安定した職に就いていましたが、しきりに自分自身の事業を積極的に開拓したいと思うようになったため、3年前思い切って他の二人のパートナーと一緒に中青グループを創建しました。重慶は私の中に活気と刺激を満たしてくれますが、これは疑いようもなく私の創業に対する熱意と図らずとも合致するものがあります。

 

中青グループはプライベートファンド型債権会社で、おもに不動産に投資しています。このたびの重慶訪問で、何度か考察しているのも不動産関連プロジェクトです。重慶に来るのは初めてですが、飛行機を降りて、少しすると私は非常に独特な都市のルールに気が付きました。複雑な地形の、山脈の多い都市であり、その土地の状況に合わせて適切な処置をとり各種不動産プロジェクトを発展させています。北京や上海と言った発達した都市と比較して、たとえ重慶の経済発展には一定の距離があるとしても、ここには見過ごせない3200万人の人口があります。特に新興の都市化推進に伴い、人口の固定不動産に対するしっかりとした需要はより一層強まっています。また新たに台頭した五大機能区区分政策では、重慶全体の建築に対するより明確な方向性を与えています。政策ははっきりと方向を示し、中青グループの未来投資計画の上でも“強壮剤”となっています。

 

現在、中青グループの所有資産は5000万ドルを超え、香港、マカオ、インドネシアなど多数の国家にブランチカンパニーを設立し、取引銀行数は10件を超え、投資プロジェクトも10を超えました。中青グループの主な専門分野はIT、金融不動産等の産業であり、加えて企業の上場サポートや中青の豊富な経験と専門性を生かしたサービスを提供しています。

 

近い将来グループの発展は中国市場に向かいます。西部の都市の中でも唯一の直轄市で在り、現在長江上流の金融中心を形成している重慶は、疑いようもなく私たちの発展の拠点となるでしょう。私は重慶の未来は必ず世界とつながる窓口になると信じています。

 

現在、我々は政府関連のプロジェクトで合作をすすめ、同時に地元の最新ITプロジェクトと提携することも検討しています。しっかりと確実な前提の上で、我々は重慶市の国営企業とも協力し、順調にIPOに登録できるようサポートしたいとも思っています。

PDFバージョンを見る

 

クリックトゥルーは東南アジアへの拡大のため相当額のVCファンドを確保した

速報

クリックトゥルーは東南アジアで急拡大しているディジタルマーケティング市場のシェアを取りに行く

シンガポール、2013年7月4日 – クリックトゥルー (検索と顧客転換に特化した戦略で顧客のウェブ戦略とデザインを助け魅力的なウェブ体験をもたらすオンラインのコンサルタント会社) は今日、ロックステッド・キャピタルグループとESWマネージ社が率いるベンチュアキャピタル向けのファンドで合計7桁の資金を調達したと発表した。

クリックトゥルーは過去3年間飛躍的に成長しており、収入の増加率は400%を超えている。東南アジアでは最も速く成長している独立系のデジタルエージェンシーグループのひとつである。

「クリックトゥルーの経営陣には経験豊かで実務に秀でた起業家が揃っており、その背後には一流の投資家もいる。実際彼らは利益を上げてきたし、オンラインの消費へのデマンドが東南アジアで急激に増えているのを取り込みに行く明白なストラテジーを掲げてきた。力のある心強い会社だ。」とロックステッド・キャピタルグループのテレンス・タン氏は言う。

「同感だ。東南アジアにはこの地域の大きな検索マーケティンググループにもまだまだ伸び代がある。」ESWマネージ社のエリック・スン氏も言う。「クリックトゥルーは繰り返し使えて拡張性に富んだモデルの有効性を実証した。クリックトゥルー・マレーシアのような子会社やソーシャルメディア・マーケッティングを支えるノイジー・クレヨンも短期間で黒字化した。ここ数年のうちに上場や買収が起こる可能性は高い。それゆえ、今この時期に投資して急成長する彼らに資金供給ができるとは喜ばしい。」

この会社の成功は、どの顧客もデジタル空間で成功できるように精力を傾けて懸命に働くスタッフによるところが大きい。そうして先見の明のある投資家や株主を獲得してきたのだ。

クリックトゥルーは、検索と顧客転換の領域でのデジタル技術に関して顧客に健全で現実的なアドバイスをする、信頼のできるコンサルタントだという評判を築きながら成長する努力を重ねてきた。自分自身の成長を目指す一方で、パートナーや顧客もマーケティング戦略の分野で革新と向上を重ねて前進し続け、それぞれが常に一番の会社で居続けられるようにもしてきた。

産業の枠を超えてすでに一億クリック以上を最適化しながら、クリックトゥルーは今回の投資によって東南アジアの国々からより多くのクリックデータを集めようと狙っているのだ。

「私たちのビジョンは変わっていません。東南アジアで最大のデジタルエージェンシーのネットワークになろうと考えています。定期的に私たちは顧客にキャンペーンを実行してもらってクリックデータを集めていのです。こうして季節ごとのトレンドが分かってきて、次のキャンペーンでは顧客が効率的にマーケティングを進めてジャンプスタートができるようになるわけです。極端にいえば、私どもの洞察力によって皆さんがもうかるのでなければいけない。」とクリックトゥルーのCEOのジャッキー・リーは語る。

クリックトゥルーは昨年、Yahoo!Platinumのサーチマーケティングエージェンシーで東南アジアで初めて、アンバサダーに選定された。Googleアナリティックの認定パートナーにも東南アジアでは初めて選ばれたし、Facebookのエージェンシープログラムの一翼も担っている。

顧客には、ニコン、シンガポール・プレスホールディングズ、東芝、キヤノン、TV3アルトメディア、ロレアル、富士通PCアジア、スフェア・イグジビッツ、メイバンク、オリンパス、イグジビッツ社、LG、スターハブ、カプラン、キンバリー・クラーク、シンガポール・フライヤー、HTC、パラダイスグループ、マーシャル・キャベンディッシュ、パンドーラ、ポー・ヘン、ジュエルリー、マリゴールド、ビタジェン、アマラ・サンクチュアリー、ヴェネチアンマカオ・ラスベガスサンズ、そのほか数多くが名を連ねる。

また顧客にオンラインのマーケットソリューションを提供するパートナーとして次の各社がいる。博報堂、電通、アサツーDK、BRIQ、サーチラボ、Adプラネット、ヨーク、マイケル・ページ、ASTAR。

クリックトゥルーはシンガポール・プレスホールディングスの関連会社であるキョーセイベンチャーズの持つ私企業である。

発行者       
会社登記番号 

より詳しくお知りになりたい方は、どうぞお知らせください。

*出典