ウッドランドウェリントン·フットボール·クラブ( WWFC )としてのESWメインスポンサー - プレスリリース

 

ウッドランドウェリントンの会長であるHussainar Azizは、ウッドランドスタジアムのサンデーモーニングのアニュアルファンフェアにて、Great Eastern Yeo’s S.リーグの大物たちと対等に戦い、また来年のコンチネンタルクラブコンペティションに出場するという目標を明らかにしました。

コミュニティの周りの500余りの住民がこのイベントに参加し、若い人たちはフェイスペインティングといったアクティビティを楽しんだり、城型のトランポリンで遊んだり、ミニkickaboutをピッチで楽しんでおり、大人は写真撮影ブースでプレイヤーの写真を撮るのに忙しくしていました。

ウッドランドは以前より草の根イニシアティブに積極的に関与してきたことで知られており、ファンフェアに参加することが、彼らが公共に接し続けクラブのサポートを得ることにコミットしていたことを示しています。

S. リーグCEOのLim ChinとESW会長のWong Yat Foo氏より頂いたプレスコンファレンスでその朝は終わり、また彼らにヘッドコーチのDarren Stewartも参加していました。

「ウッドランドウェリントンフットボールクラブ(WWFC)のビジョンは今後5年でS. リーグのトップチームとなることです。このクラブはまた名誉あるAFCチャンピオンリーグコンペティションに参加してアジアのフットボールで高レベルのパフォーマンスを求めてもいます。」Hussainarはそう語りました。

「WWFCのミッションは、試合やオーディエンスに勝つため、フットボールの優れた攻撃のブランドを演じることでそのプロファイルを育て、住民や学校など異なる組織の間で大きなファンを作ることにあります。」

Lim Chinはファンフェアに参加していた人の数に驚いていました。「クラブのコアバリューとはその中心地にあります、なぜならそれこそがフットボールクラブの一部だからです。」と言います。

このイベントをコーディネートしたのはウッドランドのチームマネージャーであるBruce Tanで、彼は計画通り事が運びファンがイベントを完全に楽しんでいたのを喜んでいました。

「とても良く作られたイベントでしたし、このようなイベントはクラブに関して公共に対する意識を目覚めさせるもので、ウッドランドのコミュニティを1つにするものであると言えるでしょう。」

またBruceは二年目のウッドランドのメインスポンサーであるESWに深く感謝していました。

「ESWの方々はこのイベントを成功に導く役割を担ってくださいました。私たちはESWに本当に感謝しています。今後のイベントも同じように成功することを願っています。」

「全体的には、シーズンが始まる際にファンの皆様も試合の日の一部であることを分かって頂けるよう、コミュニティまで届くということはとても重要なのです。」

何人かの幸運なファンはテレビ、DVDプレーヤーやモバイルセットといった賞を貰えて笑顔で家路についたようです。

Ramsが新しいGreat Eastern Yeo’s S.LeagueのシーズンをHougang Stadiumへの旅で始め、Cheetahsをとる2月22日7: 30pm